2010年02月02日

<新型インフル>ワクチン接種後に死亡…「因果関係あり」初(毎日新聞)

 厚生労働省は29日、新型インフルエンザのワクチン接種を受けた新潟県内の80代女性が急死し、主治医から「接種との因果関係あり」との報告があったと発表した。ワクチン接種後の死亡は27日までに117件確認されているが、他はすべて「因果関係なし」か「評価不能」で、「関係あり」の報告は初めて。厚労省は専門家に検証を依頼している。

 厚労省によると、女性は26日ワクチン接種を受け、副作用が出ないことを確認して30分後に医療機関を出発。約10分後、路上で倒れているのが見つかり、搬送先の病院で死亡が確認された。死因は不明。女性には高血圧や心臓の弁の働きが弱い持病があった。

 主治医は報告の中で、注射で血圧低下などの過敏反応を起こす「アナフィラキシー・ショック」と、突然の不整脈や肺塞栓(そくせん)などの可能性が同程度考えられると説明している。厚労省は「接種から数時間で急死したケースはこれまでもあり、因果関係は即断できない」としている。【清水健二】

【関連ニュース】
新型インフル:輸入ワクチン、購入希望は1県…初回出荷分
新型インフル:成人向けワクチン接種、都が18日から開始
始業式:都内の小中学校で 新型インフルの影響も
新型インフル:「殺到」など課題も 輸入ワクチン承認
9月号

【中医協】アクトスなど市場拡大再算定品目が決定(医療介護CBニュース)
<普天間移設>総辞職覚悟で選定を 民主・海江田氏(毎日新聞)
「約20着盗んだ」騎手の勝負服窃盗の男を起訴(産経新聞)
FDA3号機はピンク、ネットアンケートで決定(読売新聞)
<NHK>福地会長、任期満了前に辞任の意向(毎日新聞)
posted by フクモト コウジロウ at 22:59| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

総務政務官「検察捜査は検証に値する」(産経新聞)

 民主党の階猛(しな・たけし)総務政務官は28日の参院総務委員会で、小沢一郎幹事長の秘書だった衆院議員の石川知裕容疑者の逮捕に関し、「被疑事実がマスコミ報道と違う。政治資金収支報告書の記載漏れが逮捕に値することなのか、当然検証に値する」と述べ、検察の捜査に疑問を投げかけた。

 階氏は石川容疑者と同じ衆院当選2回で、18日に開かれた同期13人による「逮捕を考える会」に参加した。これらの行動が政府による検察への圧力ととられることを警戒した平野博文官房長官は出席した政務官らに活動自粛を求めていた。しかし、階氏はこの日の答弁で「検察は十分行政府のコントロールが及んでいないので、いろいろ検証すべきポイントはある」と、今後も政務官としてではなく一人の国会議員として検証を続ける考えを強調した。

 また、小沢氏のおひざ元の衆院岩手1区選出である階氏は「小沢氏は黙秘権があるにもかかわらず記者会見で説明した。検察も公衆の面前で説明した方がすっきりする」とも述べた。これに対し、原口一博総務相は「十分指導していきたい」と語り、階氏に自重を求める考えを示した。

手帳にホテル名記載=「裏献金」の現場−05年分、捜索で押収・東京地検(時事通信)
「北限のサル」上野が嫌い?壁越え7時間家出(読売新聞)
<湯沸かし器中毒死>東邦ガスとパロマ 遺族と和解が成立(毎日新聞)
外国人参政権法案 亀井氏「今国会は提出できない」(産経新聞)
3大都市圏の転入超、5万人減=不況で09年、名古屋圏転出超に−総務省(時事通信)
posted by フクモト コウジロウ at 13:18| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。