2010年06月29日

同僚の免許証盗み百万円借金 3等陸曹を懲戒免(産経新聞)

 陸上自衛隊第3師団(兵庫県伊丹市)は28日、同僚隊員の運転免許証を盗み、消費者金融から現金約100万円を詐取したりしたとして、第3偵察隊(同市)の男性3等陸曹(27)を同日付で懲戒免職処分にしたと発表した。「遊ぶ金ほしさに盗んだ」と犯行を認めているという。

 同師団によると、3等陸曹は平成21年8〜9月に伊丹市内の消費者金融で、隊員から盗んだ自動車運転免許証を使って取引カードを作り、十数回にわたって現金計100万円を詐取したとしている。

 3等陸曹は今年3月、隊舎内で現金2万7千円が入った同僚隊員の財布を盗んだとして5月23日に窃盗容疑で警務隊に逮捕され、取り調べの中で運転免許証を盗んだことが分かった。

【関連記事】
「ギャンブルの金を…」 同僚から盗んだ自衛官免職
駐屯地内で酒盛り、隊員にコップの湯かけ…自衛官ら懲戒処分
隊員の「お茶代」盗む 熊本の陸自2等陸佐を懲戒免職
更衣室に盗撮カメラ設置 海士長を停職処分
自宅で知人女性にわいせつ行為 3等空尉懲戒処分

大津の古墳、未盗掘石棺から完全な頭骨(読売新聞)
posted by フクモト コウジロウ at 15:00| Comment(16) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年06月15日

無駄遣いの見直しに協力を―長妻厚労相が職員にあいさつ(医療介護CBニュース)

 菅内閣で再任された長妻昭厚生労働相は6月9日、厚労省内で職員にあいさつし、省内事業仕分けや「少子高齢社会の日本モデル」の策定に引き続き取り組む方針を示し、協力を求めた。

 長妻厚労相は、菅直人首相と共に、社会保障は「経済成長の足を引っ張る」ものでなく、「経済成長の基盤をつくる」ものと考えていると強調。「国民の皆様に安心、ナショナルミニマムの確保を堂々と主張し、実行していく基盤が整った」との考えを示した。

 ただ、社会保障の充実と共に財政面が課題になっているため、「国民の皆様に消費税、あるいは税の抜本改革をお願いしなければならない時期が必ずやってくる」との認識を示した。その前提として、「予算の無駄遣いの見直し」と「社会保障の将来像の明示」がなければ国民の理解が得られないと述べ、省内事業仕分けや「少子高齢社会の日本モデル」の策定などに引き続き取り組む方針を強調し、職員に協力を求めた。


【関連記事】
在宅サービスの充実を強調―再任会見で長妻厚労相
「財政の立て直しで役割果たす」−野田佳彦財務相
安心な社会保障「実現の方向性示したい」―民主・菅代表
官僚主導に「くさび打ち込んだ」―長妻厚労相
10年版厚労白書、8月中に閣議に報告

警察に電話「養子縁組、狙われてる」 遺体発見女性の携帯に履歴(産経新聞)
首相動静(6月10日)(時事通信)
シャッター大手に課徴金計55億円=価格カルテル、排除命令も―公取委(時事通信)
全精社協元副会長に懲役1年6月求刑(産経新聞)
<参院選>河村票取り込め 各党、市長人気無視できず(毎日新聞)
posted by フクモト コウジロウ at 15:52| Comment(4) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。