2010年04月07日

出火件数、1270件減=09年火災概要−総務省消防庁(時事通信)

 総務省消防庁が2日発表した2009年の火災概要によると、総出火件数は5万1124件で、前年より1270件減った。特に建物火災が1703件減っており、同庁は「煙感知型の住宅用火災警報器の設置が進んだことなどが原因ではないか」と推測している。
 火災による死者総数は1877人で前年より92人減少。うち住宅火災による死者数は1025人で98人減った。
 出火原因で最も多いのは「放火」(6534件)で全体の12.8%を占めた。次いで「こんろ」(5128件)、「たばこ」(4987件)、「放火の疑い」(4617件)、「たき火」(3023件)などとなっている。 

【関連ニュース】
住宅火災で3遺体発見=50〜70代の母子か
寺で火災、80代夫婦死亡=住職の両親
民家火災、焼け跡に2遺体=高齢夫婦か
「住宅」のまま用途変更せず=グループホーム火災
民家火災で3人死傷=2階から遺体、10代の息子か

「二十四の瞳映画村」に12匹のこいのぼり(産経新聞)
外国人2人がタクシー強盗=釣り銭箱奪い逃走−沖縄(時事通信)
後輩に「ボコるぞ」 恐喝容疑で中学生2人逮捕(産経新聞)
<外交青書>安全保障は日米機軸…東アジア共同体に含めず(毎日新聞)
「鳥島などの射爆撃場返還は困難」沖縄防衛局(読売新聞)
posted by フクモト コウジロウ at 09:40| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。